車遍路 2巡目 70番、71番札所 (5月27日)


この日もお遍路に行きましたが 今回だけ ちょっと早めの出発で
6時30分には家を出ました。
今回頑張れば あと一回で結願なので 朝早くからの出発にしました(^o^)/
#1
a0242438_19020115.jpg








すぐに下津井瀬戸大橋です。
#2

a0242438_19020171.jpg



しかし 出発して わずか35分で 女性陣がトイレ(汗)
#3

a0242438_19020108.jpg


我が家から ほぼ1時間で最初のお寺に到着です。
室町時代中期建立、全国でもほかに例のない三間一戸八脚門で
国の重要文化財に指定されている仁王門です。
#4

a0242438_19020294.jpg



仁王門から まっすぐ歩くと 本堂です。
#5

a0242438_19020216.jpg



第70番札所 七宝山 持宝院 本山寺の 本堂です。
しっぽうざん じほういん もとやまじ
#6

a0242438_19020868.jpg



創建時の本堂は弘法大師が一夜のうちに建てたといわれていますが、
現在のものは正安2年(1300)建立されています。
外観は京都風、内部は奈良風の折衷様式で、鎌倉時代の傑作です。
本尊は頭上に馬の頭を乗せた馬頭観世音菩薩。
四国霊場では唯一のもので、祀られている本堂のそばには馬の像が控えています。
#7

a0242438_19020877.jpg



大師堂は本堂正面から見て、右手に建っています。
寛政7年 (1795年)に建設された、入母屋造屋根の三間堂です。
#8

a0242438_19020892.jpg



客殿の前の 中門は 閉じられてママです。
この青色は 建設当初から この色なのでしょうか?
#9

a0242438_19020984.jpg



およそ2万平方メートルの広大な境内には国宝の本堂はじめ、
仁王門、五重塔、鎮守堂、大師堂、十王堂、赤堂(大日堂)、
慰霊堂、鐘楼、客殿などが並び、大寺として栄華を極めた当時を偲ばせます。
#10

a0242438_19020927.jpg



納経所は 門を入って左手にあります。
以前 ここに訪れた時は 修復中の五重塔の相輪と呼ばれる 
先端部分の実物が飾っていましたが 今回は綺麗に片付いていました。
#11

a0242438_19032913.jpg



十王堂を撮って 次のお寺へ向かいます。
次のお寺は 今回一番の難所です。
#12

a0242438_19032986.jpg



本山寺から 車で約30分 次のお寺の駐車場に到着しました。
#13

a0242438_19032918.jpg



私は 車を降りると 540段の階段をのぼって 本堂を目指します。
#14

a0242438_19032929.jpg



少し 階段を上がっていくと 名物・俳句茶屋であります。
#15

a0242438_19032958.jpg



しかし 白い板で囲われていて どうなったのでしょう?
#16

a0242438_19035815.jpg



俳句茶屋から 急な階段を上ると 山門が有ります。
#17

a0242438_19035821.jpg



ここまで石段は 何段あったのか・・・
よくよく このお寺の説明を読むと この山門から
本堂までが 540段だそうです(汗)
#18

a0242438_19035820.jpg



緩やかな階段が ずーっと上まで伸びています。
#19

a0242438_19035842.jpg



仁王門から金剛拳菩薩像までの270段が、神仏の世界に足を
踏み入れる意味を込めて「賽の河原」と呼ばれています。
#20

a0242438_19035871.jpg



仁王門から262段の石段を上った所に 金剛拳菩薩様がいらっしゃります。
銅製で高さ6mあり、元禄年間(1688~1703)に当時の住職である
覚林により建立されたそうです。
#21

a0242438_19045955.jpg



しかし モミジの葉が お顔を隠しているので下まで行ってみました。
#22

a0242438_19050000.jpg



金剛拳菩薩様の所から 大師堂までが 煩悩の数と同じ108段です。
#23

a0242438_19050089.jpg



天へ伸びるような階段を 一歩一歩上って行きます。
#24

a0242438_19050011.jpg



108段の階段を上がった先は 大師堂が見えました。
しかし ここから本堂へは まだ170段の階段があります。
#25

a0242438_19050088.jpg



私が 階段を一生懸命 上っている頃 妻と母は バス乗り場へ
#26

a0242438_19050618.jpg



往復750円の山上バス乗り場へ
#27

a0242438_19050614.jpg



あっという間に 山門から378段の所へ・・・
これは 妻が撮影しています。
#28

a0242438_19050692.jpg



修行大師像の前で 妻と母と合流しました。
弘法大師は7歳から12歳の間、この寺にある岩窟「獅子之岩屋」で
学問に励んだと言われています。
#29

a0242438_19050709.jpg



まだまだ階段が続きます。
#30

a0242438_19050782.jpg



頑張って登っていくと岩窟の護摩堂がありました。
山門から450段で 残り90段です。
#31

a0242438_19065108.jpg



母も頑張って階段を上って行きます。
#32

a0242438_19065167.jpg



本堂まで あと少し!
#33

a0242438_19065154.jpg



見上げると 青空と新緑が綺麗でした。
#34

a0242438_19065133.jpg



三豊平野が見えます。
#35

a0242438_19065178.jpg



最後の階段 目の前に本堂が見えます。
#36

a0242438_19065912.jpg



第71番札所 剣五山 千手院 弥谷寺
(けんござん せいじゅいん いやだにじ)
この弥谷山全体が境内と言う広い規模の本堂としては
ちょっと小さい気がします。
#37

a0242438_19065972.jpg



540段の階段を登ったのですが ウォーキングで鍛えた成果なのか
特にしんどいとか 足が疲れたとかはありませんでした。
帰りは 別の階段から大師堂を目指します。
#38

a0242438_19065962.jpg



弥陀三尊磨壁仏
大師堂から本堂へ向かう途中の岩壁にあって、大師が刻んだとされています。
#39

a0242438_19065908.jpg



大師堂の手前に 多宝塔が有って そこに向かう階段が 非常に危険です。
地図を見ると この階段を登っても 本堂に行けるようです。
#40

a0242438_19065943.jpg



この上が大師堂です。
本堂より大きくて 靴を脱いであがります。
#41

a0242438_19081405.jpg



納経所も一緒に合って ここで納経帳に印をもらいました。
これで 私はまた 階段で駐車場に向かいます。
#42

a0242438_19081582.jpg



108の階段 上から見ると 結構急な階段です。
#43

a0242438_19081556.jpg



この頃 妻や母は 大師堂で納経していましたが
団体さんがやって来ていたので 時間がかったようです。
#44

a0242438_19081586.jpg



私が山上バスの 待合所前で待っていると 妻と母を乗せたバスが
帰って来ました。私は ここで15分ほど待ちました。
やはり 階段の方が ずいぶん早いようです。
#45

a0242438_19081593.jpg




今日は45枚 お付き合いありがとうございました。




Commented by photo5000 at 2018-06-02 23:03
お遍路さんに階段は付きもののようですが540段とは凄いですね~
私が経験した最大は身延山久遠寺の287段ですがこれでもかなりへばりました。
ただ、身延山の階段は一段が高いような気がしました。
Commented by カオス at 2018-06-03 14:23 x
すごい階段ですね。足腰の大事さが改めて分かります。
昨日は岩で滑って大コケ、眼鏡がゆがみました。
ちょっとした油断も大けがにつながります。
夢民谷さんもお遍路、お気を付けてくださいね。
Commented by mutamiya_4 at 2018-06-03 19:29
photo5000さん こんばんは。
仰る通りで 階段と言っても 千差万別で 色々有りますね。
高さが高かったり 高さが不揃いだったりで きつい階段も多いです。
ここの階段は 540段でしたが そんなに苦にはならなかったです。
Commented by mutamiya_4 at 2018-06-03 19:30
カオスさん 今晩は。
カオスさんの行かれるところは 半端ないですから
くれぐれも注意してくださいね。
釈迦に説法ですが 装備品の点検も怠らないようにして下さいね。
どうぞ気を付けて これからも壮大な風景をお願いします。
名前
URL
削除用パスワード
by mutamiya_4 | 2018-06-02 19:08 | お遍路 | Comments(4)